メジャーリーグ“Zoom採用”で見えにくかった「あの場面」がこう変わるMLBとZoomのパートナーシップ【中編】

米プロ野球のMLBは、Zoom Video Communicationsの「Zoom Contact Center」を導入して、試合のリプレー検証に透明性を持たせる仕組みを構築しようとしている。その結果、視聴者の観戦体験はどう変わるのか。

2023年04月13日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 米プロ野球のMLB(メジャーリーグ機構)は2023年3月16日(現地時間)に、Zoom Video Communicationsとのパートナーシップ締結を発表。MLBは公式のユニファイドコミュニケーションツールにZoom Video Communicationsの製品群を採用し、MLBの試合や放送、オフィスでのコミュニケーションなど、さまざまな面を大きく変えていこうとしている。

Zoom製品群の採用で、メジャーリーグの「あの場面」が変わる?

 例えばコンタクトセンターのクラウドサービス「Zoom Contact Center」とZoomのコア技術が、メジャーリーグの試合と放送に新要素を加えることになる。まず変わるのはリプレー検証だ。これまでリプレー検証に利用する機材については標準的な基準がなく、フィールドにいる審判と、スタジオにいる分析担当の審判員がコミュニケーションを取る方法は、音声通信だけだった。ファンは判断プロセスの蚊帳の外に置かれていた。

 2023年シーズンからのリプレー検証は、主審(4人の審判のうち、最高権限を持つ審判)がZoom Contact Center経由で、審判員のいる「Zoomリプレーオペレーションセンター」につなぐことになる。

 衛星放送・ケーブルテレビのメジャーリーグ専門チャンネル「MLB Network」と、サブスクリプション動画サービス「Apple TV+」の全米放送では、リプレー検証中のZoomリプレーオペレーションセンターの様子をライブで視聴できるようになる。ルールに詳しい専門家と放送席がリプレー検証についてやりとりするのを聞くこともできる。MLBがこの新しい手法を通じて目指しているのは、リプレー検証のプロセスに透明性を持たせ、納得感のあるものにすることだ。


 後編はMLBがZoom Video Communicationsの製品群をどのように活用しているのかを具体的に解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...