F1強豪レッドブルが「Zoom」を使う“壮大過ぎる目的”とは?F1で活躍するZoom【前編】

Oracle Red Bull Racingは、Zoom Video Communicationsとパートナーシップを締結した。同チームは「Zoom」にどのような役割を期待しているのか。

2022年10月19日 10時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 レーシングチームのOracle Red Bull Racing(レッドブル)はZoom Video Communications(以下、Zoom社)とパートナーシップを締結。Web会議ツール「Zoom」をはじめとするZoom社のコミュニケーションツール群を導入した。

 設立以来、Oracle Red Bull Racingはフォーミュラ1(F1)世界選手権において実力を示し続けている。親会社である飲料大手Red Bullは2005年にRed Bull Racingを設立。2022年にはOracleとのパートナーシップ強化に伴い、現状のチーム名に変えた。今やOracle Red Bull RacingはF1で有数のチームに成長し、複数のワールドタイトルを獲得している。

情報共有だけじゃない? レッドブルが「Zoom」に課した使命

 Oracle Red Bull Racingは「レーシングチームとして、チャンピオンを輩出する場として、そして最先端技術を活用するイノベーターとして、究極のパフォーマンスを追求する」というミッションを掲げている。それをさらに進めるべくZoom社と提携したOracle Red Bull Racingは、レース成績の向上とファンとの信頼関係の強化のために、チーム活動のあらゆる場面にZoomを組み込もうとしている。

 今回のパートナーシップ締結に伴い、Oracle Red Bull Racingが採用した主なZoom社のコミュニケーションツールは、Zoomやチャットツール「Zoom Chat」、バーチャルイベントツール「Zoom Events」などだ。パートナーシップ発表の際、Oracle Red Bull RacingとZoom社はF1におけるコミュニケーションツールの重要性を強調した。このパートナーシップの成果として、Oracle Red Bull Racingは

  • F1カー「Red Bull RB18」の車体
  • ドライバーやチームスタッフが着用するシャツ、オーバーオール
  • ピットウォール(レーシングカーの整備所である「ピット」とコースを隔てる空間。チームの司令基地がある場所)
  • ガレージ(車庫)
  • Oracle Red Bull Racingの公式Webサイト

などで、Zoom社のブランドロゴを表示する。


 後編は、Oracle Red Bull RacingがZoom社のコミュニケーションツール群をどのように活用しているのかを具体的に解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...