「テレワーカーは首になりやすい」という“甘くない現実”の心理的根拠GitHub「完全テレワーク計画」の余波【中編】

GitHubが従業員の1割削減と、完全テレワークへの移行計画を表明した直後、ソーシャルメディアではテレワークの是非について議論が起きた。人員削減の現実とは。あるソフトウェアエンジニアの見解を紹介する。

2023年04月28日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 ソースコード共有サービスを運営するGitHub社は、2023年2月に従業員の1割削減を発表し、テレワークへの移行計画を表明した。この報を受けてソフトウェアエンジニアの間では「米国のIT企業は、テレワーカーを“簡単に使い捨てにできる資産”だと見なしているのではないか」という議論が巻き起こっているという。どういうことなのか。

「テレワーカーは首になりやすい」の“心理的根拠”はこれだ

 GitHub社が人員削減の方針を示したことで、同社の従業員だけではなく、テレワークをする各社のソフトウェアエンジニアの間に、将来への不安と議論が湧き上がった。ソーシャルニュースサイトHacker Newsにおけるレイオフ(一時解雇)関連のスレッドには「テレワーク優先型の企業が好きだ」というコメントもあれば、「そのような企業が将来のレイオフでテレワーカーをターゲットにするかもしれない」と心配する声もある。

 フリーランスのソフトウェアエンジニアであるロス・ハーツホーン氏は「テレワークは技術的にも、感情的にも、従業員の解雇を容易にする」と持論を展開。企業が余剰人員の削減をする必要に迫られた場合、従業員全員がテレワークで働いている方が「解雇のプロセスを簡単に実行できる」と主張する。

 人員削減を考える企業にとって「テレワークは魅力的に見える」とハーツホーン氏は述べる。「『誰かに直接会って、目と目を合わせて、解雇を通告しなければならない人』の苦悩は、容易に想像できる」(ハーツホーン氏)


 後編は、テレワークに批判的な経営者もいる中で「それでもテレワークを進めるべきだ」と主張する専門家の見解を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...