2009年08月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューインターネットの脅威を読み取る3つのホワイトペーパー

情報資産の安全を脅かす多くのネット上の脅威。企業が講じる対策との関係は“いたちごっこ”と表されるが、攻撃の手口や目的が分かればより効果的に防げる。昨今の脅威動向を読み取るホワイトペーパーを紹介する。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

PCの電源を入れるだけで情報が盗まれる

サイバー犯罪の3つの傾向──McAfee Virtual Criminology Report第3号

画像 提供:マカフィー

 「サイバー犯罪との戦いは24時間365日の戦い、世界的な戦いであり、当分終わることはないだろう」(米McAfee プレジデント&CEOのデイブ・デウォルト氏)

 McAfeeがオックスフォード・インターネット研究所などの協力を得て発行するサイバー犯罪リポートの内容を翻訳した本ホワイトペーパーでは、2007年の全世界の脅威の傾向を3つのポイントにまとめている。そのポイントとは「国家安全保障に対する脅威の拡大」「オンラインサービスに対する脅威の拡大」「脆弱性攻撃ツールを売買する市場の成長」だ。

 特に、オンラインサービスについては、それを狙う犯罪者の手段としてP2PネットワークやVoIP(Voice over IP)といった技術の利用がこれから増えていくとしている。中でも、日本生まれのP2P型ファイル共有ソフト「Winny」が情報漏えいを目的とするマルウェア(悪意のある不正プログラム)の格好の標的とされている点を取り上げており、ファイアウォールを通過してしまうP2Pを悪用する脅威の影響力が世界的に大きいことを物語っている。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...