2010年11月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション【第1回】攻めの中小製造業が「ハイブリッド生産管理システム」に積極投資する理由

中堅・中小企業も業種によってIT投資意向の変化は大きく異なる。大企業と同様に業種、業態に応じたアプローチが欠かせない。業種ごとに今、求められるIT活用とは何か? 具体的なソリューション像をあぶり出す。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 大企業向けソリューションにおいては「製造業向け」「卸売/小売業向け」などといったように業種別に区分けがなされており、業種ごとに営業やSEのチームが編成されていることも少なくない。ところが中堅・中小企業向けになると、ソリューションの本質的な部分は同じであるにもかかわらず、「中堅・中小向け」という大きなくくりのみになってしまいがちだ。当然ながら中堅・中小企業においても大企業と同様にさまざまな業種が存在する。そして、ITへの取り組みも千差万別だ。

 図1のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、「IT投資DI(ディフュージョンインデックス)」(今四半期以降のIT投資予算額が前四半期と比べてどれだけ増減するかを尋ね、「増える」と「減る」の差によって算出した「IT投資意欲指数」)を調査した結果を業種別にプロットしたものである。これを見ると、業種によってIT投資DIの変化はまったく異なっていることが分かる。つまり、このグラフは中堅・中小企業においても、業種別の特性を踏まえたITソリューション提供が重要であることを示している。

図1 IT投資DIの変化(業種別)

 そこで本連載では「業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション」と題して、業種別の業績状況やIT投資意向を踏まえながら、中堅・中小企業に本当に求められているITソリューションとは何かを探っていきたい。

連載インデックス

【第1回】攻めの中小製造業が「ハイブリッド生産管理システム」に積極投資する理由

【第2回】見積/原価管理の効率化に向かう中小建設業のIT事情

【第3回】小売業の取り組みに学ぶスマートフォン/タブレット端末の活用法


 連載第1回は製造業に焦点を当てる。以降、建設業、卸売/小売業、流通業といったように各回で1つの業種を取り上げ、その業種の特性やこれから有効と考えられるITソリューションを解説していく。

関連ホワイトペーパー

製造業 | IT投資 | 生産管理 | SaaS | IT戦略 | アウトソーシング


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...