2010年11月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション【第1回】攻めの中小製造業が「ハイブリッド生産管理システム」に積極投資する理由

中堅・中小企業も業種によってIT投資意向の変化は大きく異なる。大企業と同様に業種、業態に応じたアプローチが欠かせない。業種ごとに今、求められるIT活用とは何か? 具体的なソリューション像をあぶり出す。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 大企業向けソリューションにおいては「製造業向け」「卸売/小売業向け」などといったように業種別に区分けがなされており、業種ごとに営業やSEのチームが編成されていることも少なくない。ところが中堅・中小企業向けになると、ソリューションの本質的な部分は同じであるにもかかわらず、「中堅・中小向け」という大きなくくりのみになってしまいがちだ。当然ながら中堅・中小企業においても大企業と同様にさまざまな業種が存在する。そして、ITへの取り組みも千差万別だ。

 図1のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、「IT投資DI(ディフュージョンインデックス)」(今四半期以降のIT投資予算額が前四半期と比べてどれだけ増減するかを尋ね、「増える」と「減る」の差によって算出した「IT投資意欲指数」)を調査した結果を業種別にプロットしたものである。これを見ると、業種によってIT投資DIの変化はまったく異なっていることが分かる。つまり、このグラフは中堅・中小企業においても、業種別の特性を踏まえたITソリューション提供が重要であることを示している。

図1 IT投資DIの変化(業種別)

 そこで本連載では「業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション」と題して、業種別の業績状況やIT投資意向を踏まえながら、中堅・中小企業に本当に求められているITソリューションとは何かを探っていきたい。

連載インデックス

【第1回】攻めの中小製造業が「ハイブリッド生産管理システム」に積極投資する理由

【第2回】見積/原価管理の効率化に向かう中小建設業のIT事情

【第3回】小売業の取り組みに学ぶスマートフォン/タブレット端末の活用法


 連載第1回は製造業に焦点を当てる。以降、建設業、卸売/小売業、流通業といったように各回で1つの業種を取り上げ、その業種の特性やこれから有効と考えられるITソリューションを解説していく。

関連ホワイトペーパー

製造業 | IT投資 | 生産管理 | SaaS | IT戦略 | アウトソーシング


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...