2011年04月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

JDSF会員企業座談会(3)クラウド以後のストレージ未来予想図

新たなストレージ環境として注目されている“クラウドストレージ”。提供側であるベンダー各社はどう考えているのだろうか。ストレージ業界団体であるJDSF会員を対象にした座談会での議論を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 「ベンダー各社が考える、ストレージ統合への障壁とは?」「ストレージ仮想化の導入メリットって何ですか?」に続き、ストレージ業界団体「JDSF(Japan Data Storage Forum)」会員を対象とした座談会の模様をお届けする。今回は、クラウドストレージに関する内容を紹介する。

三木:世の中、何がクラウドか定義が曖昧なまま、クラウドという言葉がもてはやされています。ストレージにもクラウドをうたうサービスが登場しています。クラウドストレージで求められていることは、ストレージ業界が昔から言ってきたこと。それがさまざまな技術の進化で実現できるようになりました。自社の製品やサービスのクラウド対応をお伺いします。もちろん「クラウドへの対応は不要だ」という回答でも結構です。

photo 日立製作所 堀本氏

堀本:1980年代の米国の大学機関で、クラウドストレージの先駆けと言える分散ファイルシステム「Andrew File System(AFS)」が誕生しました。今日、クラウドストレージの実用化の時期になったのでしょう。

 日立製作所では「コンテンツクラウド」というコンセプトで、各拠点のファイルストレージとセンターのファイルストレージをシームレスに連携する仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」を提供しています。各拠点からセンターに自動的にファイルが移行され、ユーザーはそうした分散環境を意識することなく必要なデータにアクセス可能です。

星野シマンテックも同様の機能をソフトウェアで実現する「NetBackup Cloud Storage」サービスを提供しています。

photo 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC) 佐原氏

佐原:日本ではパブリッククラウドにデータを預けることに少なからず抵抗があります。そのため、自社のデータセンターにストレージを設置する傾向が強いですが、徐々にセキュリティを担保しながら、オンプレミスでアーカイブストレージを持たずにクラウドサービスを利用してデータの一部を移行するユーザーも増えてきているようです。価格を重視するパブリッククラウドサービス環境に関する一番の焦点は「クラウドの構築・運用コスト」。分散ファイルシステムやHadoopを採用するなど、いかにコストを下げるかが課題でしょう。

三木:クラウドやデータセンターサービスを提供する事業者が今後導入するストレージを考えたとき、「技術に長けた企業はHDDを並列させて自社でストレージを組み上げて運用していくが、一方でストレージ構築・運用の負荷を回避したい事業者が増える」という二極化が進んでいきそうですね。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...