2011年06月30日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SMB向けストレージ製品紹介:EMCジャパン高性能とシンプルを追求したSMB向けストレージ「EMC VNXe」

EMCが2011年2月に発表したエントリー向けストレージ製品「EMC VNXe」シリーズ。エンタープライズ向けストレージ技術のアーキテクチャを継承し、SMBに必要な機能を厳選して活用できる。

[富永康信,ロビンソン]

 年々増大するデータの管理と運用が企業の大きな足かせとなっている。最近は“ビッグデータ”というキーワードが注目を集めているように、企業が保有するデータはさらに増え続けている(参考:ゼタバイト時代の企業ストレージ環境とは)。また、画像や動画、音声などのように取り扱うデータの種類も増え、それらを効率的に管理する技術が求められている。さらに今後はストレージへの投資金額がサーバ投資を上回るとも言われている。

 こうしたストレージに対する課題は大企業だけが直面するものではなく、中堅・中小(SMB)企業にも共通している。この連載では、特に「人」「予算」「スキル」が限られているSMB企業の問題を解決するストレージを取り上げる。

SMB向けストレージで必要な3つの要素を実現

 EMCは2011年2月、従来のミッドレンジ向けストレージ製品群「EMC CLARiX」「EMC Celerra」の後継としてVNXファミリを発表した。その中のエントリークラス向けユニファイドストレージ製品群「EMC VNXe」(以下、VNXe)シリーズはEMCのエンタープライズ向けストレージ技術のアーキテクチャを継承しながら、SMBに必要な機能に絞って提供することで「シンプル」「効率的」「コストメリット」の3つを実現しているという。

photo 「VNXeによってストレージ管理の負担を大幅に削減する」と語るEMCの中野氏

 EMCのマーケティング本部 ストレージ製品マーケティング・マネージャー 中野逸子氏は「SMBのシステム管理者の多くは、サーバやストレージ、ネットワークの全ての面倒を見なければならない。そのため、なるべく手間を掛けず、専門スキルも必要なく運用できることが重要だ」と説明する。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | EMC | 運用管理 | SMB | Exchange | サーバ | 仮想化 | NAS | RAID | SAN | VMware | Hyper-V | IT投資


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

IMJとブレインパッド、「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」のデータ連携パッケージを共同開発
アイ・エム・ジェイとブレインパッドは「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」の...

news118.jpg

楽天インサイト、インフルエンサーを活用した調査サービスを提供開始
楽天インサイトは、インフルエンサーを活用した調査サービス「R-インフルエンサー・イン...

news116.jpg

8700万ユーザーのO2Oソリューション「popinfo」が新レポーティング機能を提供開始
アイリッジは、スマートフォン向け位置情報連動型O2Oソリューション「popinfo」の新レポ...