2013年01月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

診療所・病院のIT化に関する読者調査リポート 最も導入・更新したいのは「電子カルテ」、読者調査が示す医療ITの現状

診療所・病院に勤務する会員に実施したIT化に関する調査リポート。IT化の現状や目的、期待効果などが明らかになった。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年12月3日から12月19日まで、診療所・病院に勤務する会員を対象に「医療機関のIT化に関する読者調査」を実施した。調査結果からIT化の状況や導入済み・導入予定の製品、製品の満足度、導入時の課題などが明らかになった。

 本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。

調査概要

目的:診療所・病院のIT化の現状を調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年12月3日(月)〜12月19日(水)

総回答数:91件

 ※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


photo 回答者の勤務先規模(有効回答 N=91)
photo 回答者の職務内容(有効回答 N=91)

98.9%が「レセコンシステム」を導入済み

 導入しているシステムの種類を聞いたところ、全体の98.9%が「レセコンシステム」を導入済みと回答。「医用画像管理システム(PACS)」(91.2%)、「院内ネットワークシステム」(86.8%)、「電子メール・グループウェア(掲示板・スケジュール管理)」(78.0%)と続く。

photo 導入済みのシステムの種類(有効回答 N=91)《クリックで拡大》

 今後導入予定のシステムについては「地域医療連携システム」(26.4%)、「電子カルテシステム」(25.3%)、「経営分析支援システム」(24.2%)などが上位に挙げられた。その他、「服薬指導システム」「タブレット端末を使った問診システム」「Hadoopを使用した全文検索システム」という回答もあった。

photo 今後導入予定のシステムの種類(有効回答 N=91)《クリックで拡大》

 また、最も導入・更新したいシステムとしては「電子カルテシステム」(27.5%)が多く、「地域医療連携システム」(15.4%)、「経営分析システム」「診療情報データベース」(共に6.6%)と続いた。その他、「電子カルテ/レセコンを柱にした病院情報システム(HIS)」「院外からのアクセス環境」なども挙げられた。

photo 最も導入・更新したいシステム(有効回答 N=91)《クリックで拡大》

「医療の質の向上」に期待

 IT化の目的や期待する効果としては「医療の質の向上」(82.4%)が最も多い。「情報伝達の迅速化/効率化」(78.0%)、「現場業務の効率化/省略化」(75.8%)、「医療の安全性の強化」(74.7%)が上位に挙げられた。一般にIT化の目的として多く挙げられる「コスト削減」は41.8%だった。

photo IT化の目的・期待する効果(有効回答 N=91)《クリックで拡大》

 一方、システム導入の課題を聞いたところ、「投資コストの負荷」が71.4%と最も多く、「院内での理解不足」(47.3%)、「医療情報システムに関する情報の不足」(33.0%)と続いた(関連記事:医療のIT化が遅れている原因は何か?)。

photo システム導入の課題(有効回答 N=91)《クリックで拡大》

不満理由の第1位は「使いにくいシステム」

 ITシステム全体の満足度を聞いたところ、「満足している」(47.3%)が最も多く、「とても満足している」(1.1%)と合わせると回答者の約半数がおおむね満足していることが分かった。また、「どちらかというと不満がある」「不満がある」は回答の4分の1だった。

photo ITシステム全体の満足度

 システムへの不満理由を具体的に聞いたところ、「システムが使いにくい」(58.3%)が最も多かった。次いで「既存システムとの連携やシステムの拡張性が低い」「機能が不十分」(共に41.7%)となった。また、「医療機関向けシステムの統一仕様がなく、システム間の接続費用が他の業界に比較して割高である」という意見もあった。

photo システムへの不満理由(有効回答 N=24)《クリックで拡大》

「地域医療連携システム」「仮想化技術を活用したシステム構築」に高い関心

 関心がある医療ITトレンドとしては、「地域医療連携システム」「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化などの仮想化技術を活用したシステム構築」(共に54.9%)が最も多かった。「モバイル端末を利用した院外からの情報参照・入力」(50.5%)、「医療クラウド」(40.7%)、「BYOD(私物端末の業務利用)」(33.0%)なども注目されていることが分かった。

photo 関心がある医療ITトレンド《クリックで拡大》

 また、医療分野のIT化で知りたい情報については、「地域医療ネットワーク」「仮想化技術を利用したシステムの導入事例とその効果」「医療クラウドの安全性」「タブレット端末やスマートフォンのセキュリティ」などが挙げられていた。

 その他、「システム導入で重視するポイント」「システムに関する専門部署や担当者の状況」「システム全体の年間運用コスト」に関する調査も実施した。その詳細なアンケート結果は、以下からダウンロードできる(TechTargetジャパン会員限定)。本稿では紹介しきれなかったアンケート結果を紹介している。ぜひ参照されたい。

診療所・病院に勤務するTechTargetジャパン会員を対象にした「IT化の状況に関するアンケート調査」を実施。本リポートでは、診療所・病院のIT化の状況や導入済みの製品、導入課題、関心がある医療ITトレンドなどをまとめている。

調査結果リポートのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...