2013年04月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コンシューマライゼーションの衝撃(後編)iPhoneを紛失、「悪夢のシナリオ」にどう備えるか

「それほど難しくはない」と話す人もいるコンシューマー機器のセキュリティ対策。しかし企業で使う場合はノートPCなどの既存デバイスとは異なる対策を取る必要がある。各社の考えは。

[Glenn Rifkin,TechTarget]

 iPhoneiPadAndroid端末などのコンシューマー機器がIT部門の業務に与えた影響を解説した前編「無数のiPhoneが変えたIT部門の職場風景」に続き、本稿ではコンシューマライゼーションで欠かせないセキュリティ対策について解説する。

 IT部門にとって最も重要なのは、どんな端末であれ、セキュリティとサポートだ。会社の機密情報が保存されたモバイル端末を飛行機やタクシーにうっかり置き忘れるといった悪夢のシナリオに備えるためには、端末をセキュアな環境で保護する必要がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...