2013年12月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT雇用市場に男女格差女性とテクノロジー業界、雇用の大幅増が意味するのは?

新しい技術やITスキルに対する給与面の優遇によって、IT部門は人の入れ替わりが激しい。2013年はIT関連業務で女性の雇用が大幅に増えた。

[Michael Anderson,TechTarget]

 米アイオワ州アーバンデールを拠点とするテクノロジーとエンジニアリングのプロフェッショナルを対象としたキャリアサイト「Dice Holdings」が示した米労働統計局の2013年のデータによると、新しく創出されたテクノロジー関連業務の60%に女性が就いた。2012年の割合は全体の35%程度であったことを踏まえると、これは大きな変化だ。

 数値は確かに増加しているが、IT業界ウオッチャーは、IT業界で男女格差がなくなったとは見なしていない。

 IT業界に長年携わっているレイチェル・シャルマース氏は次のように話す。「2013年、技術職で女性の採用が増加したのは喜ばしいことだが、慎重に捉えている。変則的な結果が1年見られただけで、過去9年間のデータが示す傾向が覆されるわけではない。10年分のデータで証明されたら、私はこの傾向を喜んで受け入れるだろう」

 一方、Dice Holdingsは今後のIT分野への女性の進出に関してこのデータを楽観的に見ている。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...