2014年02月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Wave 2による高速通信がネットワークに与える影響ギガビット無線LAN「802.11ac Wave 2」製品を待つべきか、それとも……?

次世代の高速無線LAN規格「802.11ac」の第2世代「Wave 2」製品の登場が待たれる。既存規格である802.11n製品を使用している企業はWave 2製品の登場を待つべきか。それとも、まずは第1世代「Wave 1」製品にアップグレードすべきか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。だが、企業は、市場に既に出回っている802.11ac Wave 1製品(ドラフト段階の802.11ac規格に対応した製品)の調査を、このニュースを理由にやめるべきではない。

※ Wave 1、Wave 2は、それぞれ「第1世代」「第2世代」の意

 802.11ac Wave 1製品は、5GHzの周波数帯で最大1.3Gbpsの帯域幅を提供する。802.11ac Wave 2製品は、5GHz帯で160MHzの広いチャネルを使って最大6Gbpsを実現することになっている。また、Wave 2製品では、マルチユーザーMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術も導入され、アクセスポイントが複数のクライアントに複数のストリームを送信できるようになる。これまでの全てのWi-Fi規格(802.11ac Wave 1を含む)では、アクセスポイントは一度に1台のクライアントにしか複数ストリームを送信できなかった。

802.11ac Wave 2:企業は待つべきか、アップグレードすべきか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...