2014年04月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

PC、スマートフォンに続き台頭する「ODM」とはApple、Facebookの無数のサーバはどこからやって来るのか?

モバイルデバイスに押されているノート/デスクトップPCを尻目に、サーバ市場の成長が続いている。背景には米Facebookや米Appleなどが支持するハードウェアのオープンソース化や台湾企業を中心とするODMベンダーの躍進がある。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

伸び悩むノートPCやデスクトップPCを尻目に

 オープンソースハードウェアが話題を呼ぶ中、データセンターを運用する企業の間では、従来のサーバベンダーではなくODM(Original Design Manufacturer:相手先ブランドによる設計、製造の受託を行う企業)からのサーバ購入を検討する機運が高まっている。

 電子機器では以前にも、ノートPCとデスクトップPCでこうした市場構造の変化が進んだ。調査会社Reportlinker.comによると、販売額ベースでノートPCの大部分(94%)はODM製品が占めるようになっている。厳密な定義はないが、ODMは一般的なハードウェアを製造する。ODMが作るベースシステムを、サードパーティーや企業が自社のニーズに合わせてカスタマイズするわけだ。

サーバ購入先の新たな選択肢として浮上するODM

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

2018年新卒の約6割が入社を後悔――レバレジーズ調べ
レバレジーズは、2018年に新卒入社した人を対象に、就職先に関する意識調査を実施しました。

news005.jpg

小さく始めるHubSpot、マーケティングの流れにそってバランス良く施策を実践しよう
HubSpotで始めるマーケティング。最初の一歩はここから始めましょう。

news088.jpg

アライドアーキテクツ、ファンマーケティングクラウド「ブランドタッチ」を提供開始
アライドアーキテクツは、ブランドの支持者を発掘し、起用を支援するクラウドサービス「...