2014年05月23日 18時30分 UPDATE
特集/連載

今分かっている「Project Ara」の8つの情報Googleの組み立て式スマホ「Ara」に膨らむ期待 “5000円台で買える”は本当?

安価で高性能化が容易なモジュール型スマートフォンの開発を目指す、米Googleの「Project Ara」の全貌が徐々に明らかになってきた。現時点で判明している情報をまとめた。

[Vince Font,TechTarget]
tt_tt_Ara_01.jpg

 「Project Ara」は、モバイルデバイスを持たない50億の人にスマートフォンを提供するために、米Googleが開始したプロジェクトだ。Googleの研究開発部門「Advanced Technology and Projects(ATAP)」が発案したProject Araは、革新的なアイデアとなる可能性を秘めている。安価なモジュール型のスマートフォンを開発し、古くなったパーツを取り換えられるというものだ。

 Project Araで開発するスマートフォン(以下、Araスマートフォン)が実用化されれば、より長持ちするバッテリー、より高性能なカメラ、より高速なプロセッサを搭載したデバイスにアップグレードしたいときに、新しいスマートフォンを1台丸ごと購入する必要が無くなる。コンシューマーは、スマートフォンのモジュール型コンポーネントを取り外し、パーツ単位でデバイスをアップグレードできる。

 本稿では、現時点で明らかになっているProject Araに関する情報を紹介する。

情報1:2015年1月までにリリース

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...