2014年06月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Surface Pro 3」発表の影で考える不遇のOS「Windows RT」、盛り返しの鍵は“Surface Mini”とユニバーサルアプリ

米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、既に一部の企業が導入を決めるなど、一定の評価を得ている。一方、Windows RTベースの「Surface」はますます影が薄くなっている。今後、生き残るすべはあるのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]
0612_kf_surface_pic.jpg

 米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、アーリーアダプターからの支持を集めている。その一方で、「Windows RT」をベースとした「Surface」の今後は不透明なままだ。

 米シアトル小児病院や米Coca-Cola、フランスLouis Vuitton Moët Hennessyといった企業は、既にSurface Pro 3の導入を決めている。一部の企業にとって、Surface Pro 3の発表時期は絶好のタイミングだった。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news063.png

クラウドワークス、法人向けマーケティング支援サービス「Forge」の提供を開始
クラウドワークスは、法人向けマーケティング支援サービス「Forge」の提供を開始した。

news021.jpg

誤解されたCPA――Web広告とKPI その1
Web広告のKPIをどう設計するかは多くの企業の重要課題。今回はCPAの正しい考え方について...

news061.png

サムライト、業務を依頼するフリーランサーの福利厚生制度入会費を全額負担
サムライトは、同社が業務を依頼するフリーランサーを対象に、プロフェッショナル&パラ...