2014年08月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

向き不向きがあるVDIとDaaSやはりWindowsライセンスが重しに、DaaSを選べないユーザーの不平不満

クラウド型デスクトップには多くの利点があるが、欠点が全く無いわけではない。企業によっては、信頼性やレイテンシ、ライセンス、セキュリティなどの問題がネックとなり、最良の選択肢とはならない場合もある。

[Ryan McLaughlin,TechTarget]
tt_aa_6111.jpg

 クラウド型デスクトップは一部のIT部門にとっては、仮想デスクトップインフラ(VDI)に取って代わる優れた選択肢となるが、幾つかのデメリットもある。

 クラウド事業者が仮想デスクトップをホスティングしてユーザーに配信するタイプの仮想デスクトップサービスは、DaaS(Desktop as a Service)とも呼ばれる。DaaSは、外出先の従業員に仮想デスクトップを提供するための、低コストでスケーラブルな方法を探しているIT部門の間で人気を集めている。中には、VDIの代替選択肢としてDaaSを検討するIT部門も出てきている。ただし、クラウド型デスクトップには、レイテンシ、セキュリティ、ライセンスコストといった潜在的な問題が潜んでいる。

DaaSの弱点とは

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

2018年にTwitterで最も話題になった記事は?――日本データ取引所とフラー、オズマピーアールが共同調査
2018年にTwitterで最も話題になったWebニュース記事は何だったのでしょうか。

news135.jpg

人工知能がSEOに強い文章を提案、WACULが「AIライター」の一般提供を開始
WACULは、人工知能でWeb改善を実現する「AIアナリスト」ユーザー向けにβ版を提供してき...

news129.jpg

Arm、小売業向けに「Arm Retail」を提供
Armは、小売業向けの新たな統合データマネジメントソリューションを発表した。