2014年08月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

元校長お勧めのIT製品一覧も紹介普通の公立小学校が“iPad活用先進校”になれた訳――古河市立古河第五小学校

古河市立古河第五小学校は、現在では1人1台のタブレット活用を進める“IT先進校”の1つだが、一足飛びにこうした環境が実現できたわけではない。同校の元校長である平井 聡一郎氏に活用の実態を聞いた。

[神谷加代]

関連キーワード

iPad | Apple | 教育 | 教育IT | 無線LAN


 公立の小中学校・高等学校における教育のIT化は、各自治体の方針がそれぞれの学校に大きな影響を与える。一方、自治体の動きとは別に、校長が積極的に行動し取り組みを広げているケースがある。「3Dプリンタやプログラミングも導入した公立小学校、その授業の中身とは?」で紹介した多摩市立愛和小学校(東京都)の松田 孝校長はその代表例である。

写真 古河第五小学校の元校長で、現在は古河市教育部指導課課長を務める平井氏

 積極的な協力が得られる企業や人脈を校長自ら開拓して連携を図りながらIT化を進める――。茨城県にある古河市立古河第五小学校の元校長・平井 聡一郎氏も、校長時代にこうした取り組みを進めた1人だ。2012年に古河第五小学校に赴任した後、学校改革の目玉としてITを導入。米Appleのタブレット「iPad」をはじめ多くのIT製品を現場で活用し、国立教育政策研究所 教育課程研究センターの教育課程研究指定校として、論理的思考力の育成に関してIT機器の利活用を進めてきた。

 現在は、古河市教育部指導課課長という肩書を持つ平井氏。古河第五小学校における2012年から2014年までの2年の取り組みを振り返りながら、校長という視点からみた教育ITについて語ってもらった。併せて、古河第五小学校が導入したIT製品の一覧表を、平井氏の解説付きで提供する。

一覧表を無料ダウンロード(TechTargetジャパン会員限定)


ITを「真面目な教員、受け身な児童」を変える原動力に

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...