2014年09月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コスト削減と生産性向上に最良のサイクル?「PCは2年ごとに買い換えるべき」説を喜ぶ人と不満な人

PCを買い替えるサイクルは従来通り「3〜4年」でいいのか。今日の世界においては、万人に最適な選択肢というものはない。企業によっては、2年ごとの買い替えが得策となる場合もあるかもしれない。

[Diana Hwang,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140918PC.jpg

 性能が向上する一方で価格の下落が続いているクライアントPC。そのため、「高い計算能力が必要とされる仕事には、PCを2年ごとに買い替えるのが妥当」と考える専門家もいる。

 最近発表された研究報告「Replacing Enterprise PCs: The Fallacy of the 3-4 Year Upgrade Cycle(企業PCの買い替え:アップグレードサイクルは3〜4年という常識は誤りか)」では、職場において一般的な役割別にPCのパフォーマンスを計測するテストを実施し、PCの買い替えサイクルが生産性向上とコスト削減に及ぼす影響を明らかにしている。

エンジニアには最新のPC環境を

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...