2014年05月07日 08時00分 公開
特集/連載

“PC刷新でWindows XP移行”はもう古い 多様化する移行方法“いつもと同じ”で取り残されないために

「Windows XP」から新OSへの移行は、“いつもと同じに”行う必要はない。例えば、DaaSを活用する選択肢がある。一方で、業界によっては、旧OSを使い続けることの影響が思うように理解されないケースもある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは、「Windows 8.1 Update」をリリースすると同時に、「Windows XP」のサポートをついに終了。同社の最も安定したオペレーティングシステム(OS)の1つに終止符を打った。

 企業のIT部門が新OSへの移行をどのように進めるかは、各社の事情に応じてさまざまだ。しかし、1つだけ確かなことがある。従来通りにPCを刷新する必要はないということだ。むしろ、“いつもと同じに”という姿勢では、取り残されかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...