2014年05月07日 08時00分 公開
特集/連載

“PC刷新でWindows XP移行”はもう古い 多様化する移行方法“いつもと同じ”で取り残されないために

「Windows XP」から新OSへの移行は、“いつもと同じに”行う必要はない。例えば、DaaSを活用する選択肢がある。一方で、業界によっては、旧OSを使い続けることの影響が思うように理解されないケースもある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは、「Windows 8.1 Update」をリリースすると同時に、「Windows XP」のサポートをついに終了。同社の最も安定したオペレーティングシステム(OS)の1つに終止符を打った。

 企業のIT部門が新OSへの移行をどのように進めるかは、各社の事情に応じてさまざまだ。しかし、1つだけ確かなことがある。従来通りにPCを刷新する必要はないということだ。むしろ、“いつもと同じに”という姿勢では、取り残されかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...