2014年08月20日 08時00分 公開
特集/連載

Windows XPサポート終了でMacユーザーが増えた複雑な背景今なお続く“Windows XP騒動”

米Microsoftの「Windows XP」のサポート終了は、販売パートナーにプラスの影響をもたらしているという。具体的には、OSのアップグレード、小型デバイスへの移行、クラウド導入などにつながっている。

[Lynn Haber,TechTarget]

関連キーワード

Windows 8 | Windows 9 | Windows XP | Apple | Mac


 米Microsoftが「Windows XP」のサポートを終了した2014年4月8日(米国時間)まで、さまざまな警告がなされていた。だが、サポート終了は、この世の終わりとはならなかった。多くの販売パートナーは、2年も前からサポート終了について顧客に通知し、Windows XPから別のOSに移行する作業に取り組んできた。この1年の間に多くの移行作業が行われた。だが、その間も多くのMicrosoftパートナーから意外な報告が寄せられている。その大半はビジネスへの恩恵だ。

 米Softchoiceはトロントを拠点にビジネスの大部分を米国で展開しているMicrosoftパートナーだ。同社でシニアマネジャーを務めるデイビッド・ブリスボイス氏は、Windows XPのサポート終了が同社のビジネスに波及効果をもたらしていると話す。

2種類に分けられるユーザー

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...