2014年06月25日 08時00分 公開
特集/連載

ワケあって脱Windows XPできないユーザーが最低でもすべきことセキュリティの脅威に備えよ

Microsoftの公式サポートが終了したWindows XP。入れ替えが進まないユーザーも少なくないが、延長サポートを選択するにしても、幾つかの課題があることは知っておいた方がいいだろう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 全てのユーザーは、プラットフォームが安定して稼働し、求められる機能を提供し、欠陥が明らかになればすぐに修正を受けられることを保証するような一貫性とサポートを要求する。米Microsoftの「Windows XP」は、このお題目をそのままに体現するものであった。2002年に誕生して以来、Windows XPは定期的にパッチ適用とセキュリティアップデートを受けながら、非常に要件の高いデータセンターでも幅広く支持されてきた。

 だが、2014年4月8日の公式サポート終了に伴い、多くの企業はWindows XPを使い続けるか、入れ替えるか選択を迫られている。本稿では、Windows XPの延長サポートに関して急を要する幾つかの問題について検討する。

最大の懸念事項とは何か?

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...