2014年10月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Apple Watch」「Google Glass」を何に使う?キラキラした未来が見えてこないウェアラブル端末、用途はかなり限定的になる?

ウェアラブルコンピューティングでは、USBスティックほどの小さなデバイスを使って、リアルタイムに処理されるデータを収集できる。だが、ウェアラブル端末の大半は単一用途だ。

[Denis Pombriant,TechTarget]
tt_aa_6157.jpg

 故スティーブ・ジョブズ氏がコンテンツ消費用のデバイスとして「iPad」を発表した当時、同氏がまた1つ新たなトレンドを生み出しているとは、誰も思いもしなかった。そのトレンドとは、われわれが今や慣れ親しんでいる片手で持てるハンドヘルド端末やモバイル端末のトレンドではなく、コンピュータの単一用途化の流れだ。iPadが登場する以前、コンピューティングデバイスはデータや情報へのアクセスと入力に使われる多目的な機器だった。今ではメインフレームからハンドヘルド端末、タブレット端末まで、あらゆるデバイスで、メールやERP、CRMなど、各種アプリケーションへのアクセスやデータ入力が可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...