2014年11月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

LINEだけではない注目アプリ、巨額買収続出の背景はメッセージングアプリの流行をIT部門が喜ぶべき理由

企業のCIOが今後着目すべきは、コンシューマー向けメッセージングアプリ市場と、エンタープライズサーチを駆使したエンドユーザーによるビッグデータ活用だ。また、「シチズンデベロッパー」の台頭も押さえておきたい。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 今日のように買収が盛んな経済において、米Facebookが新たにモバイルメッセージングアプリを追加すべく米WhatsAppの買収に費やした190億ドルという金額は、IT業界のこれまでの事例と比較してどのような位置付けとなるのだろうか。米調査会社Gartnerのアナリスト、ラリー・カネル氏が2014年の年次カンファレンス「Gartner Catalyst Conference 2014」で語ったところによれば、190億ドルは「携帯端末事業をめぐり、米Googleが米Motorola Mobilityの買収に支払った額よりも多く、コンピュータ事業をめぐり、米Oracleが米Sun Microsystemsを買収した際に払った額よりも多い」という。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...