2014年11月25日 15時00分 UPDATE
特集/連載

重視したのはセキュリティ「ファイル同期/共有」サービスはDropboxだけではない 3社の決断は?

コンシューマライゼーションの時代において、IT部門は、自社のデータがどこにあるか心配する必要はない。だが、そのセキュリティを心配しないで済むようにするための万能なアプローチは残念ながら存在しない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
ik_tt_file01.jpg

 データが悪の手に渡ることを考えたら、IT管理者は夜も眠れないだろう。

 企業がファイルを同期/共有するオプションは1つだけではない。全デバイスのアクセスのセキュリティを確保するためにIT部門が採用できるアプローチは多数ある。

 企業が利用するファイルの同期/共有プラットフォームを検討するときには、最優先事項にセキュリティを掲げるべきだ。そう語るのは、米Needham BankでITと運用部門の初代統括責任者を務めるジェームス・ゴードン氏だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。