2014年11月25日 15時00分 UPDATE
特集/連載

重視したのはセキュリティ「ファイル同期/共有」サービスはDropboxだけではない 3社の決断は?

コンシューマライゼーションの時代において、IT部門は、自社のデータがどこにあるか心配する必要はない。だが、そのセキュリティを心配しないで済むようにするための万能なアプローチは残念ながら存在しない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
ik_tt_file01.jpg

 データが悪の手に渡ることを考えたら、IT管理者は夜も眠れないだろう。

 企業がファイルを同期/共有するオプションは1つだけではない。全デバイスのアクセスのセキュリティを確保するためにIT部門が採用できるアプローチは多数ある。

 企業が利用するファイルの同期/共有プラットフォームを検討するときには、最優先事項にセキュリティを掲げるべきだ。そう語るのは、米Needham BankでITと運用部門の初代統括責任者を務めるジェームス・ゴードン氏だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...