2015年03月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Wi-Fi認定プログラムに向けて第2世代ギガビット無線LAN、登場前に準備しておくべきこと

「802.11 ac Wave 2」のギガビットWi-Fiは最大約7Gbpsの通信速度を実現する。この新技術に備えるに今、何をすべきか。

[Lisa Phifer,TechTarget]
tt_yo_2015_0305_wave2.jpg

 無線LAN規格「IEEE 802.11ac」の主要機能を実装したWi-Fi認定製品が初めて登場してから2年近くになる。無線LANの国際業界団体Wi-Fi AllianceのWi-Fi認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED ac」に合格したこれらの製品は、“Wave 1”(第1世代)11ac製品とも呼ばれており、これまでより広いチャネル、より多くの空間ストリーム、より高密度の変調を用いて最大1.3Gbpsのデータ転送速度を実現している。比較可能なWi-Fi認定製品の3倍の速度だ。しかし、802.11ac規格の可能性をフルに引き出し、最大約7Gbpsの転送速度を実現するために必要な機能は、Wave 1製品の認定では要件から除外された。成熟度が低く、エンジニアリング上の問題があったからだ。だが、2016年半ばにWi-Fi CERTIFIED acをアップデートした認定プログラムの発表が予定されており、Wi-Fi Allianceは現在、この“Wave 2”(第2世代)11ac製品の認定プログラムに要件として追加される機能の評価を行っている。

Wave 2 11acに何が期待できるか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...