2015年03月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

今こそソーシャルコラボレーションツール導入の好機上司が理解しない「仕事にもFacebookが必要」な理由

従業員はコラボレーションツールを理解し、私生活で活用している。IT部門が巻き返しを図るべく効果的なソーシャルプラットフォームを企業環境に導入するのは、今が最適な時期だろう。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 ソーシャルコラボレーションツールは普遍的な存在になっている。だが、企業は、この分野で後れを取っている。変化するソーシャルの世界に追い付く責任はIT部門にある。ソーシャルコラボレーションツールが従業員の業務において何を提供し、社内のユーザーとどう交流を図れるのかという2つの観点で対応が必要になる。

SNSが働き方を変える

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

「売れるネット広告つくーる」「MakeShop」など4ツールを“連携価格”で提供
売れるネット広告社の「売れるネット広告つくーる」とGMOメイクショップが運営する「Make...

news014.jpg

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

news052.jpg

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...