2015年04月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナー 飯島氏が見据えるPaaSの現在【前編】PaaS注目の裏側には何が? 変わりつつある“アプリケーション”の意味

アプリケーションという企業活動を支える重要なパーツは今、大きな変革のときにある。その変化をドライブする役割を果たすPaaSの現状についてガートナーの飯島氏に聞いた。

[五味明子]
tt_aa_image.jpg ガートナー ジャパン 飯島公彦氏

 クラウドコンピューティングの普及はビジネスの在り方を大きく変えた。今や新規のITプロジェクトでクラウドを選択肢に全く入れないケースはほとんど考えられないだろう。そしてクラウドの中でもここ最近、急激に注目度が高まっているのがPaaS(Platform as a Service)の存在だ。アプリケーションという企業活動を支える重要なパーツは今、大きな変革のときにある。その変化をドライブする役割を果たすPaaSの現状について、ガートナー ジャパン リサーチ部門 アプリケーションズ アプリケーション・アーキテクチャ&インフラストラクチャ リサーチディレクター 飯島公彦氏に聞いた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...

news063.jpg

Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマー...