2015年06月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デバイスへのデータ保存なしでより安全にiPhoneでAndroidアプリが動作、「仮想モバイルインフラ」は使いものになるか?

仮想モバイルインフラ(VMI)を使用すると、データセンターでモバイルOSをホストして、ほぼ全ての端末にOSを配信できるようになる。だが、VMIが成功するにはインターネット接続が必要など幾つかの課題がある。

[Jack Madden,TechTarget]
tt_yo_20150601.jpg 既存のVMI製品はAndroidをホストOSとして使用。端末の種類を選ばずAndroid用アプリが使えることになる。画像は米Googleの最新版Androidを搭載したタブレット「Nexus 9」《クリックで拡大》

 仮想モバイルインフラ(VMI)は、リモートデスクトップテクノロジーと似た概念の新しいテクノロジーだ。懐疑的な見方をされることも少なくないが、現在このテクノロジーには多くの注目が集まっている。

 仮想デスクトップインフラ(VDI)と同様、VMIはデータセンターでOSをホストし、ユーザーは各種端末からリモートでOSにアクセスできる。VDIと異なるのは、ホストするのがデスクトップOSではなくモバイルOSであることだ。VMIのクライアントはモバイルアプリで、VMIのリモートディスプレープロトコルはタッチ入力とモバイル接続の処理に特化して設計されている。VMIを使用すると、データセンターでホストしているモバイルアプリを任意のプラットフォームを搭載したモバイルデバイスに配信できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...