2015年08月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

新しいアップデート方式を採用「Windows 10」の次に“Windows 11”は出ない? 「最後のWindows」の意味とは

Windows 10で米Microsoftは従来とは違うOSのアップデート方法を採用した。今回その新しいOSのアップデート方式がビジネス現場でどのような影響があるのか紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
tn_tt_win10_001.jpg Windows 10のスタートメニュー《クリックで拡大》

 「Windows 10」は主要な「Windows OS」の最後のリリースとなる予定だが、それは米MicrosoftがWindows OSを放棄するという意味ではない。Microsoftは過去に選択したのとは異なるアプローチを取るにすぎない。

 Microsoftは数年ごとに新しいバージョンのWindows OSを送り出してきた。ユーザーはアップグレードするためにライセンス料を支払い、時には骨の折れる移行プロセスを取り組む必要があった。このアップグレード形式における難点の1つは、ユーザーがアップデート機能を入手するまで長い間待たなければならなかったことだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

なりわいワード――企業はそのとき、「何屋」になるのか
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news015.jpg

「ポケモンGO」で日本人のライフスタイルは(いきなり)変わったか?
梅雨が明け、土用丑の日に甲子園と、いよいよ夏本番。そして今、熱い夏をもっとホットに...

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...