2015年09月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Cisco機器をiOS端末とアプリに最適化iPhone/iPadが速くなる AppleとCiscoの提携で出現する“高速車線”とは? (1/2)

米Appleと米Ciscoが企業向け事業で業務提携を結んだ。その狙いは、iOS端末にネットワークの“高速車線”を提供することだ。iPhoneとiPadの企業導入を後押しする契機となるのだろうか。

[Ramin Edmond,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | Cisco Systems | iPhone | iOS


ik_tt_apple_cisco.jpg 提携内容を示すインフォグラフィックス(Ciscoの発表資料から)《クリックで拡大》

 米Appleと米Cisco Systemsによる企業向け事業での提携は、モバイルネットワークとiOS端末の今後に大きな影響を与えるかもしれない。

 その狙いは、iOS端末をビジネスで利用しているユーザーに“高速車線”を提供することだ。具体的には、Ciscoのネットワーク機器をiOS端末とアプリに最適化し、iPhoneをCiscoの企業環境に統合。iPhone/iPad向けのコラボレーションツールも提供する。

ネコ画像か遠隔診察か

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...

news071.jpg

サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した...

news023.jpg

2018年上半期、テレビで最も長時間話題になったのは「北朝鮮情勢」(181時間56分14秒)――エム・データ調べ
エム・データは、「2018年上半期TVニュースランキング」を発表しました。