2015年10月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

COTS環境やクラウドへの移行「レガシーデータセンター」のたそがれ、移行を実現する4つの視点とは

独自のコードが使用され、複雑で混沌とした時代遅れのシステムが温存されているレガシーデータセンターはまだ至るところにある。脱却は難しいのか。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 30年もずっと現役のメインフレームで膨大なCOBOLコードが使用されて、実装に何カ月かかかるプロセス変更が懸案になっている――。これはIT業界で驚くほど多くの人が直面している問題だ。

レガシー技術を使い続けるCIOの言い分

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...

news098.jpg

シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発...

news047.jpg

「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Clou...