2014年08月20日 15時00分 公開
特集/連載

「SDNとDevOpsで仕事を失いました」と嘆くネットワーク担当者の微妙な立場進む役割の移行

SDNとDevOpsにより、ネットワークの制御は仮想化やサーバ、アプリケーションなどの担当者も含めて編成されたチームに移管されつつある。ネットワーク担当者の行く末やいかに。

[Rivka Gewirtz Little,TechTarget]

 ネットワークエンジニアはこれまで、データセンターネットワークの制御をほしいままにしてきた。だが、SDNとDevOpsの成果により、ネットワークの制御はサーバチームや仮想化チームの手に渡り始めている。その結果、IT部門はネットワークチームの規模を縮小することになるだろうと米IDC Researchは見ている。

 IDCの「SDN調査:データセンターの運用と担当者に関する大きな変化(SDN Survey:Big Changes for Data Center Operations and Personnel)」が明らかにしたところによると、もはやIT部門におけるネットワーク機器調達の判断は、必ずしもネットワーク担当者だけに委ねられているわけではない。サーバ、仮想化、アーキテクチャの専門家も交えた共同チームが形成されているのが現状だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...