2014年04月01日 08時00分 公開
特集/連載

WANもLANも関係ない異次元ネットワーク、SDNが実現3万個の仮想ネットワークも制御可能

2014年3月に仮想サーバ環境とSDN対応の仮想ネットワーク環境を一括管理できるソリューションを発表したNEC。データセンターの相互接続を可能にするため、同社は現行製品では実現できてない技術開発に取り組んでいる。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 NECは、米カリフォルニア州サンタクララで、同社のOpenFlow製品ラインにデータセンターの相互接続テクノロジを導入したことを発表した。この変更により、企業はワイドエリアネットワーク(WAN)で複数のOpenFlow環境を接続できるようになる。

 NECで新規開拓部門のゼネラルマネジャーを務めるドン・クラーク氏は、UNC(Unified Network Coordinator)を「コントローラーの中のコントローラー」と語る。同氏は3月3日〜5日に開催された「Open Networking Summit 2014」で本テクノロジを発表した。「ソフトウェアのSDNオーケストレーション機能を使用すると、NECが開発した複数のProgrammableFlowコントローラーをローカルエリアネットワーク(LAN)とワイドエリアネットワーク(WAN)の両方で調整できる。また、WANリンクでフローを制御したり、ポリシーを適用したりすることも可能だ」と同氏は話す。WANレベルでコントローラーを調整することで、UNCはSDN経由でデータセンターの相互接続を実現する。

3万個の仮想ネットワークを制御するUNC

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。