米企業の過半数がSDN導入を計画 うち74%は2015年内にSDNフラッシュ

掛け声ほど進んでいないともいわれるSDN導入。本当のところはどうなのか。米Juniper Networksが発表した「SDN進捗レポート」他、SDNに関連した内外の注目ニュースをキャッチアップ。

2014年08月19日 08時00分 公開
[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 ネットワークの構成をソフトウェアで定義するSDN(Software Defined Network)。SDNフラッシュでは、この新しい技術にまつわる製品・サービスの情報や、SDNを取り巻く内外の動向を追っていきます。今回は、米国企業におけるSDN導入の進捗状況や、SDN機能を備えたプライベートクラウドサービスなどに注目しました。

米Juniper Networksが「SDN進捗レポート」を発表

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...