2015年12月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

一石二鳥は成り立つのか?「2-in-1」があればPCはお払い箱? 5機種の検証で分かった“残念な結論” (1/2)

クライアントPCとタブレットの両社の長所を併せ持つ「2-in-1デバイス」。果たして、クライアントPCに取って代わることができるのだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
tn_tt_2in1pc001.jpg ThinkPad Yoga 15《クリックで拡大》

 クライアントPCには費用が掛かる。タブレットもまた同様だ。両方の長所を併せ持つ1台のデバイスをIT管理者が従業員に与えることができれば、素晴らしいことではないだろうか。クライアントPCとタブレットを組み合わせた「2-in-1デバイス」はその試みを実現するものだ。

 2-in-1デバイスで検討したいのは、下記の2点だ。

  • 2-in-1デバイスが本当にクライアントPCをお払い箱にすることができるのか
  • より小型で手頃なサイズのタブレットでデスクトップPCの機能を発揮することが可能か

 本稿は、

  • 中国Lenovo「ThinkPad Yoga 15」
  • Lenovo「ThinkPad Yoga 12」
  • Lenovo「Lenovo YOGA 3」(14型)
  • 米Hewlett-Packard(HP)「Elite x2 1011 G1」
  • 台湾Acer「Aspire R13」

を含めた、企業向けの2-in-1デバイス5機種の特徴を考察することで、2-in-1デバイスが本当に企業においてデスクトップPCに取って代われるのか判断しよう。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...