2015年12月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

一石二鳥は成り立つのか?「2-in-1」があればPCはお払い箱? 5機種の検証で分かった“残念な結論” (1/2)

クライアントPCとタブレットの両社の長所を併せ持つ「2-in-1デバイス」。果たして、クライアントPCに取って代わることができるのだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
tn_tt_2in1pc001.jpg ThinkPad Yoga 15《クリックで拡大》

 クライアントPCには費用が掛かる。タブレットもまた同様だ。両方の長所を併せ持つ1台のデバイスをIT管理者が従業員に与えることができれば、素晴らしいことではないだろうか。クライアントPCとタブレットを組み合わせた「2-in-1デバイス」はその試みを実現するものだ。

 2-in-1デバイスで検討したいのは、下記の2点だ。

  • 2-in-1デバイスが本当にクライアントPCをお払い箱にすることができるのか
  • より小型で手頃なサイズのタブレットでデスクトップPCの機能を発揮することが可能か

 本稿は、

  • 中国Lenovo「ThinkPad Yoga 15」
  • Lenovo「ThinkPad Yoga 12」
  • Lenovo「Lenovo YOGA 3」(14型)
  • 米Hewlett-Packard(HP)「Elite x2 1011 G1」
  • 台湾Acer「Aspire R13」

を含めた、企業向けの2-in-1デバイス5機種の特徴を考察することで、2-in-1デバイスが本当に企業においてデスクトップPCに取って代われるのか判断しよう。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...