2015年12月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

統合とクラウドが企業向けモバイル管理でも重要にiPhone、Android、Windowsをどう管理? 2016年のEMM動向を探る

2015年も企業のモバイル活用は拡大していった。この流れは2016年も変わらない。その波に乗り遅れないために注意すべき技術革新について確認しておこう。

[Craig Mathias,TechTarget]
モバイルは2016年も大きな進化を遂げる 業務の幅広い範囲に関わるようになったモバイルは2016年も大きな進化を遂げることになるだろう

 企業におけるモバイル管理は2015年も順調に進化しており、技術革新が停滞する兆しはない。モバイル管理は、シンプルなツールの不統一な寄せ集めから始まったが、メーカーやユーザー企業の戦略性というよりは、導入する企業や使うユーザーの必要性によって、モバイルデバイスのオフィス利用を実践する一般企業向けの基本的な機能に集約していった。

 現在、企業で利用しているモバイル管理ツールは、物理的なオフィスの枠を超えてIT関連の機能とサービスを拡張し、多種多彩なデバイスおよびネットワーク上で、幅広いユーザーにあらゆるITサービスを提供できるようになった。それ故に、エンタープライズモビリティ管理(EMM)は今や必要不可欠となり、モバイルを活用するあらゆる戦略の中心になっている。

 以上のようなモバイルにおける2015年の動向を踏まえた上で、2016年で重要になる“だろう”企業におけるEMMのトレンドを予想してみよう。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...