2016年01月16日 07時00分 UPDATE
特集/連載

スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違いiPad ProとSurface Pro 4を比較、熱心な“信者”でも嫉妬したそれぞれの機能は? (1/3)

米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]
Surface Pro 4とiPad Pro Surface Pro 4とiPad Pro《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad Pro」と米Microsoftの「Surface Pro 4」はどちらも大型ディスプレイ、高速なプロセッサ、大容量のストレージを搭載している。オプションのキーボードを装着すればノートPCとして使用できる。どちらの方が優れているのだろうか。本稿ではそれを検証したい。

構造とデザイン

 ビジネスユーザーは、大画面を好む。その方が長時間仕事に取り組みやすいからだ。どちらのタブレットも大型の部類に入る。だが、iPad Proの画面の方が大きく、高さと幅もある。また、わずかな差だがiPad ProはSurface Pro 4より薄く、若干軽い。

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...