2016年01月16日 07時00分 UPDATE
特集/連載

スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違いiPad ProとSurface Pro 4を比較、熱心な“信者”でも嫉妬したそれぞれの機能は? (1/3)

米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]
Surface Pro 4とiPad Pro Surface Pro 4とiPad Pro《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad Pro」と米Microsoftの「Surface Pro 4」はどちらも大型ディスプレイ、高速なプロセッサ、大容量のストレージを搭載している。オプションのキーボードを装着すればノートPCとして使用できる。どちらの方が優れているのだろうか。本稿ではそれを検証したい。

構造とデザイン

 ビジネスユーザーは、大画面を好む。その方が長時間仕事に取り組みやすいからだ。どちらのタブレットも大型の部類に入る。だが、iPad Proの画面の方が大きく、高さと幅もある。また、わずかな差だがiPad ProはSurface Pro 4より薄く、若干軽い。

       1|2|3 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...