2016年02月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Office 2016」の解体新書(2)大容量ファイルの送付が可能に、「Outlook 2016」の新機能はビジネスで使える? (1/2)

メールやグループウェアの機能を持つ「Microsoft Outlook」の最新版「Outlook 2016」は、従来版とどう変わったのだろうか。ビジネスで使えるOutlook 2016の新機能を紹介する。

[阿部直樹,三井物産セキュアディレクション]

関連キーワード

Office 365 | Outlook | Microsoft Office | Exchange | OneDrive


Microsoft Outlook 2016の公式Webページ Microsoft Outlook 2016の公式Webページ《クリックで拡大》

 前回「一体何ができる? 新しい『Office 2016』は今までとどう違うか」では、日本マイクロソフトの最新オフィススイート「Office 2016」に関する下記の点を紹介しました。

  • Office 2016は、前バージョンの「Office 2013」の全機能を引き継ぎつつ、新機能が追加されている点
  • オンラインオフィススイート「Office 365」の主要な法人向け契約プランに含まれるソフトウェア群「Office 365 ProPlus」を使っている企業は、アップデートすることによりOffice 2016ベースのMicrosoft Officeアプリケーションを使用することが可能な点
  • Office 2016の運用管理に関する新機能

 今回はOffice 2016に含まれるOfficeアプリケーション群のうち、ビジネスで欠かせないメールやグループウェアの機能を持つ「Outlook 2016」に着目。新たに追加された機能について紹介します。

Outlook 2016の変更点とは

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...