2016年05月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

完全無欠なセキュリティ対策など存在しない「セキュリティ事故は突然に」、インシデント後に増える予算を効果的に使うコツ

サイバーセキュリティの予算は、インシデント発生後に急激に増加する。だが、その予算を最適に使うには、どのように使うべきなのだろうか。

[Mike O. Villegas,TechTarget]
Ponemon Institute Ponemon Instituteの公式Webページ《クリックで拡大》

 サイバー攻撃インシデントの発生時には、サイバーセキュリティの予算が驚異的に増加する。場合によっては、最高情報セキュリティ責任者(CISO)の辞任や最高情報責任者(CIO)の辞任につながることもある。だが、これは実際のところ保守的な対応だ。問題は再発の軽減および防止するために、どこに予算を割り当てればよいのかだ。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...