2016年05月22日 07時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネスと相性のいい2-in-1はどちら?徹底比較:王者「12.9インチiPad Pro」 vs. Windows 10搭載2-in-1、総合力で勝るのは? (1/4)

いい仕事に12型クラスディスプレイとキーボードは必須。「PCを駆逐する」と豪語する12.9インチiPad Proに「Windows 10」を搭載する正統派2-in-1が挑む。処理能力からボディーの質感まで総合力で評価した勝者は?

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | iPad | 2in1 | Apple | タブレット


 携帯性に優れたクラムシェルデバイスを購入するなら、Samsung Electronicsの「Galaxy TabPro S」やAppleの「12.9インチiPad Pro」のような2-in-1タイプを検討するのがいいだろう。

 Galaxy TabPro SはMicrosoftの「Windows 10」、12.9インチiPad ProはAppleの「iOS」を搭載している。この2つのデバイスはOSが異なるが、設計と価格帯が似ており、同じ購買層をターゲットにしている。この記事で紹介する比較結果は、ビジネスユーザーや作業効率を重視する一般ユーザーにとって、どちらが最適かを判断する参考となるはずだ。

 なお、購入するのはMicrosoftの「Windows」を搭載した2-in-1デバイス限定という場合は、Galaxy TabPro SとMicrosoftの「Surface Pro 4」の比較記事が参考になるだろう。

タブレットとしてもクライアントノートPCとしても使える2-in-1スタイルデバイスを求めるユーザーが増えつつある。今回は、ほぼ同じサイズのディスプレイを搭載するGalaxy TabPro S(左)と12.9インチiPad Pro(右)を比較する《クリックで拡大》

構造とデザイン

 Appleは、同社初のプロフェッショナル仕様タブレットである「iPad Pro」シリーズで12.9型ディスプレイ搭載モデルを発売している。本体サイズは、305.7(高さ)×220.6(幅)×6.9(厚さ)ミリで、重量は713グラム(Wi-Fiモデルの場合。Wi-Fi + Cellularモデルは723グラム)だ。

 一方、Galaxy TabPro Sのディスプレイサイズは12型で、iPad Proより0.9インチ小さい。寸法は290.3(高さ)×198.8(幅)×6.3(厚さ)ミリで、重量は693グラムだ。Galaxy TabPro Sが数値としてはコンパクトだが、どちらもタブレットとしては大きい。標準的なノートPCと比較してようやく小さいということができる。

 どちらのボディーもデザインに優れ、かつ、頑丈な造りになっている。Galaxy TabPro Sは、ボディーカラーでブラックモデルとホワイトモデルを用意している。一方の12.9インチiPad Proでは、ボディーカラーバリエーションとしてシルバー、スペースグレイ、ゴールドを展開する。Galaxy TabPro Sの場合、ディスプレイのベゼルと本体の背面で同じ色を採用している。12.9インチiPad Proでは、シルバーとゴールドのモデルでは白いベゼルを、スペースグレイのモデルでは黒いベゼルをそれぞれ採用する。ボディーカラーの違いを問わず、使いやすいのは日常的に使用する中では目立たない黒ベゼルだ。

 構造とデザインについては、わずかながらも小型のTabPro Sを辛勝と評価する。

ディスプレイ

 Galaxy TabPro Sのディスプレイ面積は約432.2平方センチ、12.9インチiPad Proは約516.1平方センチだ。ユーザーは画面領域が広いモデルを常に歓迎する。画面領域以上に注目したいのがディスプレイの横縦比だ。12.9インチiPad Proディスプレイの4:3に対して、Galaxy TabPro Sは3:2となっている。12.9インチiPad Proがより正方形に近いが、どちらがいいかはユーザーそれぞれが決める問題だ。

 12.9インチiPad Proの解像度は2732×2048ピクセルで、Galaxy TabPro Sの解像度は2160×1440ピクセルだ。そのため、画素密度が216ppiのGalaxy TabPro Sに比べて、画素密度が264ppiの12.9インチiPad Proがやや鮮明に表示できる。

左はサイズ12.9型で解像度2732×2048ピクセル、横縦比4:3の12.9インチiPad Pro、右はサイズ12型で解像度2160×1440ピクセル、横縦比3:2のGalaxy TabPro S《クリックで拡大》

 Galaxy TabPro SではSamsung Electronicsの「Super AMOLED」パネルを採用しているため、各ピクセルが発光する。一方、12.9インチiPad Proが搭載する従来型の液晶ディスプレイでは、バックライトに頼らなければならない。評価作業の前はGalaxy TabPro Sが力強く鮮やかな色を表現すると予想したが、室内のテスト環境で比べるとどちらも画質が卓越している。ただし、屋外ではコントラスト比が高いGalaxy TabPro Sが見やすい。

 ディスプレイについては、12.9インチiPad Proのディスプレイを高く評価したい。画面領域が広く、高い画蘓密度のおかげで表示が鮮明、そして、色の表現もGalaxy TabPro Sと同程度に鮮やかだからだ。

       1|2|3|4 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news031.png

チャット広告「DECAds」が「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携
トランスコスモスはチャット広告「DECAds」において、リターゲティング型ダイナミックデ...

news030.jpg

動画広告プラットフォーム「AppVador」、スマホブラウザにおける動画広告の高画質再生に対応
Supershipは、動画広告配信プラットフォーム「AppVador(アップベイダー)」において、ス...

news074.jpg

インフルエンサーマッチングの「SPIRIT」、優良インフルエンサーのみのネットワーク構築へ会員数を2万人に制限
LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」において登録インフル...