2016年06月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ペットシッター分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comの事例シェアリングエコノミー業界はデータ分析が命綱、データ駆動型改革のススメ

シェアリングエコノミービジネスにとって、データに基づいた意思決定はなぜ重要なのか。ドッグシッターのマッチングサービスRover.comの最高技術責任者(CTO)であるスコット・ポラド氏がその理由を説明する。

[Ed Burns,TechTarget]
Rover.com Rover.comのWebサイト《クリックで拡大》

 スコット・ポラド氏には、幼少期に犬を飼っていた経験もなければ、大人になるまで犬を飼ったこともなかった。だが現在、ポラド氏の生活は犬一色だ。正確に言えば、犬とデータ駆動型のイノベーションを、シェアリングエコノミーの世界にもたらすことがポラド氏の生活の中心になっている。

 ポラド氏は、ドッグシッティング(ペットシッター)分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comで、最高技術責任者(CTO)として働いている。このポストに就いたのは、同氏が人生で初めて犬を飼ってから程ない約5年前のことだった。同氏が妻と記念日の旅行の計画を立てているときに、不意に思い至ったのだ。旅行中、犬の世話はどうすればよいのだろうかと。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...