2016年07月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

なかなか使わない企業の背中を押す「会議が激減」だけではない利点、ソーシャルコラボツール導入企業が実感するその実力とは

ソーシャルコラボレーションツールは、共同作業を促進し、生産性を高める。だがなかなか使い始めようとしないユーザーも少なくない。実際導入した企業はどのように、導入を進めたのか紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 セグメント別出荷額予測:2010年〜2018年(出典:IDC Japan)(TechTargetジャパン記事「“残念”と言われないユニファイドコミュニケーション導入の進め方」から)《クリックで拡大》

 ソーシャルコラボレーションツールは、従業員間の新しいコミュニケーション手段となり、共同作業を促進し、生産性を高めることにつながる。

 残念なことに、ソーシャルコラボレーションをなかなか使い始めようとしないユーザーも少なからずいる。用途がよく分からないとか、これ以上新しいアプリケーションを使いたくないというのがその理由だ。ソーシャルコラボレーションの利点をどのようにユーザーに伝えたらよいのか、ソーシャルコラボレーションはどのような文化的変化をもたらすのか。またモバイルユーザーにとってどのような利点があるのか、非営利団体Tri-Counties Regional CenterのCIO、ドミニク・ナムナス氏に話を聞いた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...