2016年08月08日 07時00分 UPDATE
特集/連載

目標復旧時間と目標復旧地点は人それぞれ「ランサムウェア」対策に有効なバックアップ、どこまでやれば安心か

身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」は脅威だが、適切なバックアップの戦略を立てれば、ランサムウェアの攻撃を受けてもデータを復元できる。ただしどの時点まで復旧すれば満足かの目標はビジネスごとに違う。

[Chris Evans,TechTarget]
イメージ

 身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」による攻撃は、ハッカーが企業のデータやコンピュータシステムを人質にして身代金(ランサム)を要求するという比較的新しい現象だ。ハッカーがステルスモードで企業のITシステムにアクセスし、サーバにマルウェアをインストールしてデータを暗号化し、企業のアプリケーションを利用できないようにするのが、この攻撃の典型的な手法である。IT部門が身代金を払えば、ハッカーから暗号化キーが提供され、ハッキングされた企業はデータへのアクセス権を取り戻すことができる。

 ネットワークのセキュリティを確保するなど、ウイルスの進入を防いだり、最小限に抑えたりする方法もある。だが、実際に攻撃を受けた場合は、バックアップがランサムウェアから回復するための重要な手段となる。全てのバックアップはデータの回復を目的として保存される特定時点のデータだ。私たちIT担当者は複数のバックアップを保存している。バックアップは、データが意図的あるいは誤って変更された場合に、アプリケーションや個々のファイルを変更が実施される前の特定の時点まで復旧するために作成している。定期的にバックアップを取得するときには、アプリケーションごとに適切な時間を選んでいるはずだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...