2016年08月24日 07時00分 UPDATE
特集/連載

不可解なポリシー変更「Windows 10 Anniversary Update」で「Pro」ユーザーが悲鳴を上げる理由

Windows 10 ProにAnniversary Updateをインストールすると、企業のWindows管理者は、グループポリシーでサードパーティー製アプリのインストールをブロックできなくなる。この問題に多くの企業が悩んでいる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
のAnniversary Update 新OSのバージョン番号は「1607」《クリックで拡大》

 企業のWindows管理者は、「Windows 10 Anniversary Update」のインストール後に「Windows 10 Pro」で、よく使うグループポリシー設定の一部を利用できなくなる。

 これまで管理者は、Windows 10 Proでグループポリシー項目「ストアアプリケーションをオフにする」を有効にすることで、ユーザーによるサードパーティー製Windowsストアアプリケーションのインストールをブロックできた。だが、Microsoftは2016年8月2日にリリースしたAnniversary Updateで、Windows 10 Proではこのグループポリシー項目を使えないようにした。7月29日までWindows 10の無償アップグレードキャンペーンを実施していたことから、多くのユーザーがWindows 10 Proに無料で移行している。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...