2016年08月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Infrastructure as Codeで変わる運用管理の現場【第1回】いまさら聞けない「Infrastructure as Code」、一体どんなメリットが? (1/2)

最近はやりの「Infrastructure as Code」とは何か。「Immutable Infrastructure」とどう違うのか。IT管理者の業務をどのように変えるのか。具体的なシーンとともに解説する。

[堀内晨彦,著]

 ITインフラの構築や管理の分野では、驚異的な速度で新しい概念やツールが登場し、進化し続けている。「Infrastructure as Code」(コードによるインフラの構成管理)もその1つだ。本連載では、Infrastructure as Codeの概要からツールの比較、簡単な実践方法をお届けする。

Infrastructure as Codeの概要

 Infrastructure as Codeを一言で表すと「コードによるインフラの管理」である。近い言葉として「プロビジョニング」(Provisioning)や「オーケストレーション」(Orchestration)などがある。

 これまでのインフラ管理は、サーバを構築し、必要なパッケージを導入し、設定ファイルをITエンジニアが記述するといった手作業が主流だった。例えばWebサーバの「Apache HTTP Server」であれば、パッケージ管理システムの「yum」で「httpd」(Apacheを構成する実行ファイル)を、テキストエディタの「vi」で「httpd.conf」(Apacheの設定ファイル)を記述するなどだ。そのため、手順書や変更管理簿と呼ばれるドキュメントが必要とされてきた。

 だが、同じ構成のサーバを複数台構築する場合も、手作業を繰り返さなければならないのか。また手順が変更された際に差分を確認したり、バージョンを管理したりすることはできるだろうか。

 Infrastructure as Codeでは、これらの問題を「コード化」によって解決する。インフラをソフトウェアと同様にコード化することで、複数の同じ環境のサーバを同時に構築したり、コード化した手順書をバージョン管理システムの「Git」によって管理したりすることが可能になる。インフラに対するテストコードを記述し、「CI」(継続的インテグレーション、注1)のプロセスと組み合わせることもできる。

※注1 ソフトウェア開発における品質向上の仕組みの1つ。コンパイルやテストなどの処理を定期的に繰り返すことで、バグの早期発見を可能にする。

Infrastructure as Codeを実現する技術

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...