2016年08月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Hadoopとストレージシステムの良い関係【前編】Hadoopトラブルの“真犯人”、「HDFS」を使わずに済む代替手段とは

「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」。その課題を回避するために、共有ストレージシステムを使用するユーザー企業が増えている。その理由を紹介する。

[John Webster,TechTarget]
Apache Hadoopの公式Wepページ《クリックで拡大》

 大量データを複数のマシンに分散して処理できるオープンソースのプラットフォーム「Apache Hadoop」のユーザー企業は通常、複数の汎用(はんよう)サーバで並列処理するクラスタを独自に構築する。各サーバの内蔵ストレージを使用し、6〜12台のディスクを「JBOD構成」(複数のディスクを論理的にまとめて1つのディスクに見せる構成)にするのが一般的だ。

 Hadoopクラスタは、1つのデータを分割して複数のサーバに分散する「シェアードナッシング」アーキテクチャとして知られている。それは各サーバが独立して処理をすることによって、クラスタ内の全処理が並列に動くことに起因する。データのやりとりは、共通のネットワークを経由する。だがそれを除けば、コンピューティングやメモリ、ストレージといったリソースをクラスタ内で共有することはない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...