2016年09月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コストよりも重視した価値とは「Evernote」がGoogleクラウドへ移行、“ロックイン”は怖くない? (1/2)

プラットフォームのハイレベルサービスを導入するためなら、クラウドロックインもいとわないという企業が増えている。Evernoteもその1社だ。

[Trevor Jones,TechTarget]
EvernoteはWebサイトで、Google Cloud Platform移行に関するQ&Aを公開している《クリックで拡大》

 単独のクラウドインフラに依存するリスクをさほど重視しない企業が増えてきており、今回Googleへの移行を決めたEvernoteもその1社だ。Evernoteは2016年末までに同社の全ITインフラをGoogleの「Google Cloud Platform」へ移行すると発表した。Evernoteはマルチデバイスでファイルの保存と同期を行う人気のWebアプリ「Evernote」を提供している。サービス拡充のために、クラウドロックインもいとわずGoogleのハイレベルリソースを採用する企業が増えつつあり、今回Evernoteもその1つに加わった形だ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

売れるネット広告社、テレビCMや新聞広告でもA/Bテストを可能とするサービスを無料で提供
売れるネット広告社は、テレビCMや新聞広告の広告クリエイティブにおいてネット広告同様...

news049.jpg

「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査
ソーシャルメディアは、生活者の消費行動にどの程度影響力を持っているのでしょうか。

news017.jpg

「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では...