2016年04月26日 12時00分 公開
特集/連載

DisneyがGoogleクラウドを選んだ理由とは「AWSに見劣りしない」は本当?(1/2 ページ)

「Amazon Web Service」が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。

[Trevor Jones,TechTarget]
Google Cloud PlatformのWebサイト《クリックで拡大》

 Googleはパブリッククラウド市場へのコミットメントを強め、多数の新機能を追加している。これには競合他社と肩を並べ、一部の面で優位に立とうという狙いがある。

 Google主催のユーザーカンファレンス「GCP Next 2016」では、Alphabetの幹部社員であるエリック・シュミット氏、スンダー・ピチャイ氏、ダイアン・グリーン氏が「Google Cloud Platform」のメリットについて代わる代わる力説した。同社は、セキュリティ、ネットワーク、マルチクラウド管理、機械学習、分析に関する新機能を展開している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。