2016年12月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Apple」をどう訳す?「eBay」が商品リストの自動翻訳を実装、「機械学習」の働きとは

オンラインオークションサイト「eBay」は、自身が選択している言語で出品された商品リストしか表示されないという問題があった。その問題を機械学習を使って克服したというが、どのように対処したのだろうか。

[Ed Burns,TechTarget]
オンラインオークションサイト「eBay」のWebページ《クリックで拡大》

 eBayのオンラインオークションサイト「eBay」の売り上げは、昔から海外での売買が半分以上を占める。だがこのサイトには1つ問題があった。ユーザーは、自身がサイトで選択している言語で出品された商品リストしか表示されないのだ。

 言語設定を変えれば、新たな言語でeBayサイトを閲覧できる。ただし、表示されるのは設定した1つの言語に限定される。別の言語で出品されている商品やグッズはほぼ見ることができない。さまざまな出品者が多種多様な言語で出品している。つまり各ユーザーは、特定の製品に関する全リストの一部しか見えないことになる。中には利用の少ないもあり、その言語を使って閲覧するユーザーは、商品がほとんど表示されないこともある。

 このプラットフォームをグローバルな統一市場にするため、eBayは機械学習の手法を取り入れ、ページを自動翻訳するようにした。「ユーザーからの問い合わせを翻訳できるようにした。英語に不慣れなユーザーの助けになる可能性がある」と語るのは、カリフォルニア州の企業で機械翻訳の上級リサーチマネジャーを務めるエフゲニー・マツソフ氏だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...