2016年08月29日 12時00分 公開
特集/連載

チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へIBMとGoogle、Facebookも参入(1/2 ページ)

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「IBM Bluemix」で提供される「Watson Conversation」は対話式サービスを簡単に作れるツール(出典:IBM)《クリックで拡大》

 幾つかの大手テクノロジー企業では、テキストや音声を解析できる高性能な機械学習アルゴリズムを顧客に提供する見込みだ。これは、既に白熱していると考えられる同市場で、さらに苛烈な競争が行われる兆候でもある。


チャットボット開発が手軽になる2つのツール

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...