2016年06月22日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Slack」だけではないChatOpsツール「チャット×ボット」とは? 新たなIT運用が生まれる“やっぱりな理由” (1/2)

チャットをコミュニケーション手段や日常業務の管理に使う企業が増えている。実際、どのように活用しているのか紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]
Flowdockの公式Webページ《クリックで拡大》

 近年、チャットルームは大きく進歩し、かつて同じ趣味で絞り込んだ相手とやりとりしていた時代とは様変わりしている。

 2016年現在、チャットルームは、IT運用チームが本格的な仕事をこなすための仮想ワークスペースとなっている。インシデント対応時の主要なコミュニケーション手段となることもあれば、開発と運用が連携して開発を進める「DevOps」のパイプラインに沿ってアプリケーションを進めるための重要なコマンドを実行することもある。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...